遠藤憲一は奥さんが怖い?子供はいるの?若いころの画像も公開

Vシネマ中心に強面の役を多く演じていた遠藤憲一さん。現在は「かわいい」「情けない」役を演じて、大人気の性格俳優です。若いころは遅咲きのブレーク俳優にあるように苦労していたそうですが、どんな苦労があったのでしょう?調べてみました。

 

プロフィール

‰““¡Œ›ˆê

遠藤 憲一
本名:遠藤 憲一
生年月日:1961年6月28日(56歳)
出身地:東京都品川区
身長:182cm
血液型:O型
職業:俳優・ナレーター・脚本家
ジャンル:テレビドラマ・映画
活動期間:1979年 –
配偶者:既婚
高校中退後、アルバイトを転々としていたある日広告で劇団員募集の広告を見て軽い気持ちで入団します。その後、役者業に興味を持ち難関として知られる劇団無名塾の選抜試験に合格して舞台俳優としてのキャリアをスタートするが、空気の重圧感や規律の厳しさと辞め癖が抜けていなかったことから10日間後に劇団を離脱してしまい、その後は劇団フジ・東京宝映(現宝映テレビプロダクション)に移籍して役者活動を再開した。22歳でドラマデビュー。

以降は、刑事ドラマ・サスペンス作品・時代劇などで下積み的な出演を続けた。いわゆる「ビデオシネマ」時代が到来すると、眼力のある強面の風貌を生かして極道物で数多くの悪役を演じました。

『湯けむりスナイパー』で連ドラ初主演。連続ドラマ「白い春」への出演と血の繋がらない娘(演:大橋のぞみ)を愛する父親役の演技が高く評価され、数多くの映画、ドラマに出演。2016年には大河ドラマ「真田丸」で上杉景勝を演じました。

 

嫁は誰?どんな人?

遠藤憲一さんは今から約30年前の1990年頃に女優をされていた奥さんと結婚しました。お名前は遠藤昌子といって、現在は遠藤さんの個人事務所のマネージャーをしています。

残念ながら奥さまの写真などは見つからずありません。ですが、遠藤さんはかなりの恐妻家のようでして、こんなエピソードがあります。

”元々タレントで、結婚当初、自分より稼ぎはよかったという妻。結婚直後に芸能活動はやめ、十年ほどから遠藤のマネジャーを務めているが、実はマネジャー転身は、高齢のマネジャーが辞めることになり、遠藤が3年がかりで「土下座して頼みこんで、やっとマネージャーになってもらった」のだという。
恐妻家で、妻には怒られてばかりという遠藤。「若い時、浮気しちゃったのね」とかつて、妻に浮気がバレた“事件”を語り始めた。
ケータイやスマホもない時代。浮気相手の写真を何枚か部屋に置いていたところ、ある日、妻に見つかり、帰宅すると、部屋のあちこちに浮気相手の写真が貼られていた。写真にはマジックで「へのへのもへ字」が描かれていたという。
「うわ~、怖っ。バレた」と鳥肌が立ったという遠藤。妻は「今日、その人(浮気相手)と会うけど、アンタどうする?」と直接対面を決めており、「会った方がいいよ。連絡して」と有無を言わさず、連絡させられたという。
結局、浮気相手を自宅に呼び、妻が“直接対決”することに。妻の前に並ばされた浮気相手と遠藤に対し、妻は「アンタね、こんなくっだらない男と遊びだかなんだか知らないけど、ダメだよ!バカなっちゃうよ!会うの、やめなさい」と一喝。遠藤は「すみませんでした」と謝罪し、破局することとなったことを明かしていた。”

なんと、浮気相手と直接対面して、その場で収めてしまったそうです。姉御肌的存在でちょっと怖すぎる面もあるようですが、ここまで遠藤憲一が役者として大きな仕事をできているのは奥さんの存在があるからでしょうね。

 

子供は息子?娘?

遠藤憲一さんで検索をすると出てくるのが「息子」です。ですが、これはドラマ「民王」で共演した菅田将暉さんの事みたいです。

実は遠藤さんには息子さんはおらず、代わりにマルチーズを飼っているそうです。名前は「エレキ」くんといいます。でも、実は子供の頃は犬が苦手だったそうですが、奥さんが飼い始めて可愛がっているうちに溺愛するようになったらしいです。

ご自宅にはもう一匹「まめ」ちゃんというマルチーズがいたのですが、2007年にまめちゃんが免疫介在性血小板減少症を引き起こしたことをきっかけに、およそ9年にわたる2匹の介護生活を送ってきました。奥さまが撮影した映像では弱りきったまめちゃんに丁寧に優しく水をやる遠藤さんの姿がありました。

遠藤さんは

”「あんなに克明に撮ってただなんて。餌やったり水をやったりしているところも、そこに夢中になっているからかどうだったか覚えてないけど、映像があってよかったな…。数十分にまとめた映像だけど一緒になって生きてきたんだな」”

”「女房と犬たちの関係をみるとね、『もう数日で亡くなりますよ』と言われていても数ヶ月生き延びたり…動物を捨てちゃったりって人もいるけど逆のパターンもある。もっと生き延びさせることもできる。女房の愛情が犬たちに伝わるんだ…ってね」”

と話していました。2016年2月にエレキちゃんが天国へ旅立ちましたが、遠藤さんは愛犬達との生活で

”「テーマが心の中になっている。人間は不可思議ないきもので、まだまだいろんな可能性がある。喜怒哀楽だけでなくいろいろなものが眠っている。役者はまだまだ表現があると思う。とにかく生き物の命はすごいってことを教えてもらいましたね」”

と役者として影響を強く受けたそうです。

若いころはこんな役もやっていた!

遠藤さんは至る映画やドラマに出演をしていますが、休みはないのか?と心配してしまうくらい数多く出ています。これは遠藤さんが「来た仕事は基本的に断らない」からだそうです。

理由は下積み時代に苦労をしているからなのか不明ですが、スケジュールに余裕がある限り仕事は引き受けるそうです。そんな遠藤さんですが、若いころから色々な役をやっていました。

公式サイトの出演欄をを見てみると凄い数です。例えば

”バトルフィーバーJ32話
「ふるさと殺人村」”

特撮ヒーローものに出演していたり、

”太陽にほえろ!第569話
「ホームラン」”
”特捜最前線 第414話
「喫茶店ジャック 25時の謎!」”
”あぶない刑事 第1シリーズ29話
「追撃」”

みんなが知ってる刑事ドラマにも出演していました。また、

”華の嵐 第42、49、50、51、52、53、57、60、63、67話”

昼メロにも出演と本当に幅広く出演しています。ですが、そんな遠藤さんにも弱点があります。

”それは、リズム感の欠如だ。「民王」で歌手のmiwaが歌う主題歌「ストレスフリー」に合わせて、赤いスカーフを振りながら出演者総出で踊るエンディングのシーンがある。当然、遠藤も参加したが、練習で顔は引きつり、口はパクパク、足と手が一緒に出るありさま。その場で覚えきれず、ダンスのDVDを自宅に持ち帰り、夫人の協力で振り付けを練習した。だがあまりの覚えの悪さに、夫人がマジ切れした”

実はダンスが苦手て、番組宣伝でバラエティー番組に出演した時に中居正広さんにダンスを覚えるコツを教えてもらったそうです。

きっと今でも生かされているでしょうね。






サブコンテンツ

ページのTOPへ