水川あさみが消えた理由は独立?現在の彼氏は大東駿介で2017に結婚か!?

綺麗な女優さんでありながら、竹を割った様な性格の「水川あさみ」さん。

最近そういえば見なくなったな…と思ったら、独立が原因で干され気味、

そしてその独立には彼氏の存在が関わっているという噂がある様です!

今回はそんな水川あさみさんについて気になる情報をまとめましたのでゆっくりとご覧ください。

プロフィール

本名:非公表

生年月日:1983年7月24日

年齢:33歳

出身:大阪府

小学校5年生の時にドラマ「家なき子」をみて自分もこういうことがしたい!

と思い元モデルの母の知人の紹介で芸能事務所に所属する。数々のオーディションを受けるも不合格が続き映画「金田一少年の事件簿上海魚人伝説」のオーディションに合格し、女優デビュー。

その後ドラマ「夢をかなえるゾウ」で主演を務め、NHK大河ドラマにも出演を果たします。

2016年に所属していた事務所から独立し、個人事務所を設立しました。

水川あさみが消えた理由は独立?

いろいろなドラマに出演していてよく見ていた印象の水川さん。最近確かに言われてみれば見ないな…と思っていたので今回は何で見る機会が減ったのか調べてみました。

その原因というのがプロフィールにも少し書かせてもらいましたが「独立」が大きく関係している様なんです。2016年4月1日に所属していた事務所から独立をした水川さん。

実はこの独立というのが円満な独立ではなく、前の所属事務所と対立する感じで独立してしまった様なんです~。前の事務所の圧力??

でテレビで見る機会が少なるなった様なんです。

NHK朝の連続ドラマ小説「あまちゃん」でヒロインを演じた「能年玲奈」さんも確かに独立してから見る機会が減りましたよね…。

所属事務所からすれば16年近く面倒を見ていたのを独立なんてされたら恩を仇を返された感じがしたんでしょうか…?

ではなんで水川さんは独立してしまったのでしょうか?その原因が「彼氏」というから驚きです。

その彼氏については後程じっくり説明させていただきますが…昔から結婚願望が強かったという水川さん。

年齢的にも結婚適齢期になってきたので結婚したい!水川さんと、結婚を許さなかった所属事務所との間に溝ができ、水川さんは独立をしたようです!仕事<彼氏をとってしまったのですね…。

一時の感情で独立をしてしまった水川さん。仕事が激減し、独立してしまったことを後悔している様なんです。

現在の彼氏は大東駿介で2017に結婚か!

水川さんですが実は肉食!と言われるほど恋多き女性として知られているようなんです…!!!

 

そんな水川さんの彼氏と言えば有名なのは大人気ジャニーズグループ「嵐」の「相葉雅紀」さんですね!

映画「ピカ☆☆ンチ」で共演して以降交際に発展しましたが、

相葉さんが今からという大事な時だったため、双方の事務所から別れる様に言われ別れてしまった様なんです。

その後再度交際に発展した様ですがその際も同様の事象でお別れしてしまった様なんです…。

人気もの故恋愛も自由にできないのがつらいところですよね…。

 

そしてお次の彼氏はドラマ「のだめカンタービレ」で共演した「小出恵介」さん。

水川さんの結婚願望に小出さんが乗り気ではなく破局してしまった様です…。

 

そして現在の彼氏は「大東俊介」さんという俳優さんです。結婚願望がすごく強い水川さん。

本気で結婚を考えているというほど真剣交際の様です!

大東さんと水川さん。元々は事務所の先輩、後輩という関係だったそうで、こちらも事務所からの反対があったそうなんです。

結婚したい!という願望の強さと、水川さんドラマ主体でのお仕事を事務所の方が続けてきた様なのですが、水川さんご本人は舞台主体でのお仕事がしたいと思う様になり事務所との方向性も違いもあり独立に踏み切った様なんです。

ただ実際独立後も舞台の仕事は全くない様なんです…。

 

事務所から独立したので結婚が近づいたのではないでしょうか?

ただ、大東さん自体はまだ水川さんが所属していた事務所に所属しているので事務所自体は反対するでしょうし、まだ結婚については少し障害があるかもしれないですね!

けど水川さんと事務所が和解すれば今年は結婚!という可能性もありえそうです!

 

いかがでしたでしょうか?今回は女優の水川あさみさんについての情報をお伝えしました!

クールビューティーな見た目のイメージの水川あさみさんですが、

実際は関西出身ということもありおしゃべり大好きな水川さん。

舞台やドラマもいいですがバラエティーに出演しても人気モノになりそうですよね~。

最近確かに見かけなくなっていますが、またドラマで水川さんの演技をみられる日がくることが来るといいですよね!






サブコンテンツ

ページのTOPへ