神田沙也加の顔が変化して不自然?目や鼻の整形を昔の画像で検証!

歌手、タレントで活躍中の神田沙也加さん。

松田聖子さんと神田正輝さんのお嬢さんとして知られてますが、二世タレントにありがちなコネを感じさせない活動をしてます。

そんな彼女に「顔が変わりすぎてる」「見るたびに顔が変わっている」とネット上で言われています。

果たしてどうなのでしょう?
気になる情報をまとめてみました。

プロフィール

神田沙也加
生年月日:1986年10月1日
出身地:東京都出身
身長:身長157cm
血液型:A型

歌手、女優、声優
以前は「SAYAKA」名義で芸能活動をしていた。現在は舞台を中心に音楽ユニット「TRUSTRICK」のヴォーカルとして活動中です。
2014年ディズニー製作のアニメ映画「アナと雪の女王」で王女・アナ役の日本語吹替えを好演。大ヒットに貢献し、歌唱・声・演技などが評価され一躍注目を浴び、同年の紅白歌合戦に出場しました。

 

顔の変化が不自然?

SAYAKA名義で10代の頃に芸能界デビューをした彼女は、幼いころの写真が多く出回っています。
13歳の時に映画デビューを果たしていて

 

このころは、目鼻立ちはくっきりしてますが、まだ幼い印象。
その後、グリコのCMで日本で芸能活動を始めて、16歳で歌手デビューをします。その頃の彼女は

 

 

お父さんの神田正輝さんに似ていますね。当時よく言われていたのが「顔が大きい」でしたが、CMでお母さんの松田聖子さんと共演した時を見ると、特に大きいとは思えません。

 

 

これは松田聖子さんが顔を前に出してるので聖子さんの顔が大きく見えますが、引っ込めてもそんなに変わらないでしょう。

18歳で「SAYAKA」名義の芸能活動を休止、アルバイトで生活費を稼いでいた時期もありました。2005年にニューヨークやロンドンで舞台を見て学び、母とは違う道を歩むことを決意。
その事で聖子さんが激怒し生活費を渡さなかった、なんて週刊誌にも書かれたことがあります。

帰国後、舞台「紫式部ものがたり」で芸能活動を再開。この時から「神田沙也加」名義になるも、鳴かず飛ばず。
2010年にお昼の情報番組にレギュラーで出演した時は

<< 次のページに続きます!! >>
数字を押してください!
1 2 3 4

サブコンテンツ

ページのTOPへ