水卜麻美と横山裕の指輪画像や破局のその後は?2017現在の彼氏は誰!

好きな女性アナウンサー第1位で、殿堂入り目前の大人気アナウンサー「水ト麻美」さん。

ぽちゃっとしてて元気でアナウンサーだけど親しみやすそうで好感度高いですよね!

そんな水トアナウンサーと関ジャニ∞の「横山裕」さんの指輪の画像、そして破局したとの噂、さらには新彼氏がいるとの噂がある様なんです。

今回は大人気アナウンサー「水ト麻美」さんについて気になる情報をまとめたのでゆっくりご覧ください。

プロフィール

名前:水ト麻美(みうらあさみ)

生年月日:1987年4月10日

年齢:30歳

出身:千葉県

生まれたときは低体重で保育器に入っていた。母がたくさん食べさせたところ、次の検診では「太りすぎ」と言われた。

小学校の卒業式では代表あいさつを務めた、この時から「アナウンサーになりたい」と思い卒業アルバムにも夢はアナウンサーと書いていた。

就職活動では日本テレビのほかに、フジテレビ、テレビ朝日、TBSも受験していたが最終選考までいかず落選。

同期がいないため「ミト会」と称して後輩アナウンサーと食事をする事が楽しみ。この「ミト会」はダチョウ倶楽部の上島竜兵さんにあこがれて「竜兵会」みたいなものをはじめたかったそうだ

。モットーは水トアナウンサーらしく「明日は明日の風が吹く」

横山裕との指輪画像について!

水トアナウンサーと昼の情報番組「ヒルナンデス!」で共演をし、二人ともお肉が大好きなことから肉兄妹と呼ばれ、熱愛報道が出る前から怪しいともっぱらの噂でしたが、検索すると「指輪」というワードがヒットします。

調べてみたところ、熱愛報道後双方とも熱愛を否定したのですが熱愛報道後のヒルナンデス!のディズニーランドのロケで横山君が水トアナウンサーの指輪を凝視していたというのです。

そこで視聴者から「水トちゃんの指輪ガン見しているけど横山君がプレゼントしたものなのかな?」と憶測が飛び交っていました。

ただ実際はどうなのかはわからないのですが、交際していた事は間違いなさそうですよね!

破局したその後は?

仲良さそうでお似合いなお二人でしたが現在はもう破局しているそうなんです。

熱愛発覚時は愛を貫くために水トアナウンサーはフリー転身を考えていた様ですが横山さんから一方的に別れを告げられ、破局にいたった様です。

日本テレビは看板アナウンサーが会社に残ってくれる事になったので大喜びだった様ですが水トアナウンサーはとても落ち込んで激痩せしてしまったそうなんです。

横山さんには新しい彼女ももうすでにいる様で…。失恋すると暴食で激太りするという水トアナウンサーが激やせしたので周囲はとても心配していたそうです。。。

その後は横山さんもヒルナンデス!を卒業して共演しているところは見なくなりましたよね。

やはり交際→破局は間違いのでしょうか?

2017現在の熱愛彼氏は誰!

水トアナウンサーは何度か熱愛がスクープされましたよね。ちょっとムチムチでぽちゃっとしていて可愛いので男性がほっとかないはずはないですよね~。

横山さんと破局説が流れている水トアナウンサーですが、現在の熱愛の彼氏は誰なのでしょうか?

破局したともっぱらの噂の横山さんがやはり彼氏ではないかと言われている様なのです。

表面上では別れたとなっているのですが水面下では交際が続いているのでは?という噂が絶えません。

なんでもジャニーズ事務所は熱愛が発覚した場合は相手の女性と共演NGになってしまうという暗黙のルール的なものがあるらしいのですが…(笑)

実際水トアナウンサーも番組降板の危機にさらされていた様なんです。そこを横山さんがジャニーズ事務所にお願いをして水トアナウンサーを処分しないでほしいと言ったという噂がある様なんです!これが本当であれば男気がありますよね。

破局したという噂もあり、けど交際が続いているという噂もあり確定が出来ないのですが、個人的にはお二人には交際が続いていてほしいなと思っています。

日本テレビはアナウンサーのお給料が少ない事で知られている様で、人気、実力とも申し分ない水トアナウンサーはフリー転身するという噂も後が絶えない様なんです。

 

横山さんと破局していれば局アナ続行、交際が続いていたらフリー転身が濃厚とされている様なので水トアナウンサーの動向がとても気になるところですよね!

いかがでしたでしょうか?今回は大人気アナウンサーの水ト麻美アナウンサーについての情報をお伝えしました。女子アナとは思えない食べっぷりで親しみやすいキャラクターで大人気のアナウンサーですが熱愛の噂も後が絶たずそちらの動向もとても気になりますよね。

来年は好きな女子アナウンサー殿堂入りの5連覇もかかっておりアナウンサーとしての動向もとても気になります。

今後の水トアナウンサーの活躍に益々注目が必要ですね!

 

 






サブコンテンツ

ページのTOPへ