小峠英二の実家が創価学会は嘘?坂口杏里の逮捕や現在の熱愛彼女は誰?

「キングオブコント」でブレークして、坂口杏里さんとの交際で話題になったバイきんぐの小峠英二さん。「キングオブコント」で優勝した時のネタのセリフ「なんて日だ!!」は最近披露してくれませんが、多方面で活躍しています。そんな小峠英二さんにも噂がいくつかあるんです。その噂を検証してみました。

プロフィール

バイきんぐ小峠(小峠英二)

生年月日:1976年6月6日(40歳)
出身地:福岡県田川郡大任町
血液型:O型
身長:170cm
コンビ名:バイきんぐ
相方:西村瑞樹
芸風:ツッコミ、しかしボケもする
事務所:SMA NEET Project
配偶者:未婚

吉本興業のお笑い学校NSCの17期生で大分の自動車教習所の合宿で知り合った西村瑞樹と、NSCの面接で再会したことをきっかけに1996年にコンビを結成。2012年に『キングオブコント』で優勝して以降はピンでのメディア露出が増加しましたが、芸人によくあるように『キングオブコント』で優勝するまではバイト生活で、決勝当日も朝6時まで害虫駆除のアルバイトをしていました。2014年から半年ほど坂口杏里と交際していたが、後に破局。現在レギュラー5本の売れっ子芸人です。

実家が創価学会は嘘?

小峠さんといえば、高校時代に友達30人に1,000円を借りて、東京にいって、学校をサボって留年したという逸話があり、ヤンキーだったという疑惑がありますが、それと別に実家が創価学会の信者だという噂もあります。




1 2 3 4


サブコンテンツ

ページのTOPへ