育成選手中村恵吾は派遣社員!?戦力外の理由?トライアウト結果

プロ野球福岡ソフトバンクホークスの育成選手の中村恵吾さんが去年、来季の契約を結ばないといういわゆる戦力外の通告を受けました。

1月8日に放送されるTBSの「バースデイ 1年でクビになったプロ野球選手」で中村恵吾さんが密着取材を受けてきた様子が放送されます。

中村恵吾さんの戦力外になってしまった理由はいったい何なのでしょうか!?

そして「育成選手は派遣社員」と言ったその真相は何だったのでしょうか?

今回はそんな中村恵吾さんに焦点を当てて、バースデイでは放送されない知られざる情報について紹介していきたいと思います!

中村恵吾さん「育成選手は派遣社員」!?

中村恵吾

中村恵吾さんが去年、自身の所属するプロ野球福岡ソフトバンクホークスから戦力外通告を受けました。

中村恵吾さんは2012年、神奈川大学から社会人野球の富山サンダーバーズにドラフト指名を受け、入団しました。

富山サンダーバーズはプロ野球のチームですが、独立リーグのためセミプロとも呼ばれていますし、プロ野球ファンにもあまり馴染みのないチームかもしれませんね。

しかし中村恵吾さんはプロ野球選手になったということには変わりありません。

その後、富山サンダーバーズでの活躍が認められ、2014年、福岡ソフトバンクホークスに育成選手ながらドラフト指名され入団しました。

育成選手といっても、これも立派なプロ野球選手です!

しかしその後の2015年の中村恵吾さんは思うような活躍ができず、チームから戦力外通告を受けてしまいました。

今回放送されるバースデイでも語られていますが、中村恵吾さんは


<< 次のページに続きます!! >>

1 2 3 4


サブコンテンツ

ページのTOPへ