桝太一アナの実家すごい!嫁の無愛想な性格で離婚?年齢は

桝太一アナの実家もすごい!?

アナウンサーの実家は金持ち家庭の方が多いですが、桝太一アナの実家はどうなのでしょう??

やっぱりすごいのでしょうかね!^^

そんな桝太一アナ。

嫁さんがかなり無愛想らしいのですが、それが原因で離婚との噂も……。

桝太一アナはテレビでいつも明るい姿を見せてくれますが、果たして離婚は大丈夫なのか…..?

あまりテレビには出演されない嫁さんについて、年齢も交えて紹介したいと思います!

関連記事↓↓

倉田大誠アナのダンス動画!彼女は加藤綾子?実は男好き?

水卜麻美アナの妹は可愛い大学生!なぜ人気?髪型?性格?

有働由美子の血液型や性格とは?あさイチイノッチとの仲も

桝太一アナの実家はすごい!?

桝太一アナ 実家

桝太一アナの実家もやっぱりすごいのでしょうか??

やっぱりと申しましたのは、アナウンサーの実家というのは超金持ちの方が多いんです。

女子アナではまず夏目三久アナウンサー

父親がIT企業の社長でタワーマンションの48階に住んでるそうです。

そして何と言っても三田友梨佳アナウンサー

父親が明治座の社長で年商78億円。

な、ななじゅうはちおくえん!?!?

さらにミシュラン3ツ星のレストラン経営や、5階建ての持ちビルが実家という破格のスケールでお送りしちゃってます。^^;

ミタパンカトパンの仲とは?金子との馴れ初めが気になる!束縛?

男性では中村光宏アナなんかも実家はすごいそうです。

そんな中、桝太一アナはどうなのでしょうか??

桝太一アナは中高を名門の麻布学園卒業、そして東大に現役合格し東大大学院まで卒業だといいますから、

これだけを考えても実家はお金持ちなんだろうなあと想像できます。

しかし、アナウンサーの世界には年商78億円の父を持つ化け物も存在するのですから、桝太一アナの実家がすごいとは報道されないのでしょう…。

一般人から見たらかなりお金持ちの実家だと思いますけどね^^;

アナウンサーの実家、恐るべしです。。。

桝太一アナの嫁は無愛想な性格?離婚は?年齢は?

桝太一アナ 嫁 無愛想

桝太一アナの嫁さんが無愛想というのは本当なのでしょうか!?

2010年に結婚が発表されましたが、その後嫁さんの情報はあまり報道されません。

唯一の情報としてはその性格がかなり無愛想だということ….。

唯一にしてはかなり突っ込んだ情報ですよね 笑

人に媚びるのが苦手だったり社交性が全くなかったり、人とはあまり喋らず隅っこにいたり….

まあ簡単に言うとそのまんま無愛想ってことです!!笑

桝太一アナもよく嫁さんから仕事のダメ出しをされるみたいですからストレスも溜まるでしょう。

しかし、嫁さんの年齢は桝太一アナより5つ下の29歳ということですよ!

姉さん女房に叱られているかと思ったらまさかの年下とは……。

本当に強い嫁さんなんですね^^;

そんな結婚生活で、果たして離婚は大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク
[ad#hoshimao]

しかし、当の桝太一アナは離婚なんて全く考えていないそう!

ダメ出しをプラスに変えて、仕事に生かしているそうですよ!

桝太一アナが嫁さんに強気に攻められて「はい….」って言っているのが想像できますもん^^;笑

無愛想な嫁さんだとしても、なんだかんだしっかりと支えてもらって幸せに暮らしているのですね^^

桝太一アナは好きな男性アナウンサーで3連覇を達成するほどの人気アナウンサーですし、

その活躍の陰には嫁さんの大きな存在があるのでしょう。

周りからは無愛想な嫁だと言われても、桝太一アナにとったら最高のパートナーなんですね^^

そんな嫁さんとこれからも幸せに、そして桝太一アナのさらなる活躍を心からお祈りしています!

実はお子さんがいる?

あまりご自分のことを話さない桝太一さんですが、実はむすめさんがいらっしゃるようです!

いぜんインタビューを受けたときに、最近ハマっているものは家庭だと語り、娘の成長を見るのが楽しみなのだといっています。

保育園の送り迎えなどは桝太一さんが担当なのだそうですよ。

また学生時代はコンビニ弁当ばかり食べていた一方、今では冬には家族でこたつでみかんを食べるなどという季節感のある生活が楽しいのだそうです。

また他の番組でロケに出たときには、女の子向けのおもちゃやベビーカーなどについて熱弁しており、教育熱心なパパという印象を受けました。

実家が立派なようですから、娘さんも将来大物になるかもしれませんね!

まだ先のことですが、今から楽しみです。

このように、娘さんの存在とところどころで口にしている桝太一さん。

二人目以降の子どもがいるのかなどはまだ謎に包まれていますが、そのうちまた語ってくれるかもしれませんね。

これからも持ち前のまじめさで頑張ってほしいものです。






サブコンテンツ

ページのTOPへ