小澤陽子アナのスタバ時代!画像!下手でも可愛い!実家も

小澤陽子アナをご存知でしょうか?

去年フジテレビに入社した次世代を期待されるアナウンサーですね!^^

そんな小澤陽子アナは、何といってもそのルックスが人気の秘訣ではないでしょうか!

過去にはスタバで働いており、当時の画像もあったので紹介します!^^

その頃からめっちゃ可愛い……

そんな小澤陽子アナは、一部で報道が下手という評判もあるんです。

でも、やっぱりめっちゃ可愛い…..

そして小澤陽子アナはアナウンサーらしく、実家もすごかったんですよ!

なので、めっちゃ可愛い……

とにかく、今回は今人気急上昇中の小澤陽子アナについて、画像を交えて紹介していきたいと思います!^^

小澤陽子アナのスタバ時代!画像も!

小澤陽子アナ スタバ

小澤陽子アナは慶応大学時代、コーヒーショップのスタバで働いていたということです!

なんだよ別に普通のことじゃん。と、全く驚くことはないかと思いますが、

僕は小澤陽子アナのスタバで働くことへの意識の高さにびっくりしましたよ!

この今しているアルバイトは、大学入学当初から、『4年間、何があっても続ける!』

そう自分に誓い、それからずっと続けている、coffee shopです

みんなミスコンのためだとか、就活のためにアルバイトを辞めたりしてるけど、私はどうしても辞められません。

①入学時、自分で自分に “4年間続ける” と誓ったから。

②一緒に働く人が 素敵すぎる から!!

まず1番身近な、一緒に働く者に対して優しく、仲良く、でも尊敬と威厳を持って働かなくして、

お客様に対して、どれだけいいものを提供できるのでしょう?

どれほどの感動経験を与えられるのでしょう?

よい環境の職場にし、お客様によいものを提供するためには、まずは身近なところから、ですね。

ミス慶応コンテスト2012公式ブログ 小澤陽子 より引用

どうでしょうか、この意識の高さ!

もはやバイトとは思えませんね!^^

画像もありました!

こちらもどうぞ!

仕事に対して真面目で、そして仲間を大切にする小澤陽子アナ。

この頃から本当に仕事への熱意がとても強く感じられます!

そして、ミス慶応にも選ばれただけあり本当に可愛い!!

これから小澤陽子アナが日本のトップアナウンサーへと駆け上がることは、もはや間違いないですね!^^

小澤陽子アナは下手でも可愛い!?

小澤陽子アナ 下手 可愛い

そんな小澤陽子アナは、実は一部で報道の仕方が下手との評判もあるんです。

以前小澤陽子アナが担当した番組では、読んでいた報道文章を噛みまくり…..

おいおい、大丈夫か……と僕自身も思ってしまいました^^;

アナウンサーとして噛んでしまうのは良くないですよね。

しかし、考えてみたら小澤陽子アナは去年がまだ1年目。

1年目から「すぽると」や「めざましテレビ」のキャスターを担当するってすごいことですよね?

小澤陽子アナの仕事に対する意識をフジテレビ側も高く評価してのことだと思いますし、

失敗を経験させてさらに成長してほしいという思いがあったのではないでしょうか!

だからこそ、小澤陽子アナが視聴者から下手だと言われてもその評価に傷がつくようなことはないと思います。

フジテレビ側の期待の表れだと思いますし!

それにこの可愛さも、小澤陽子アナの大きなチャームポイントですもんね!^^

これからもこの可愛さと高いプロ意識で世間の”下手”だという意見を一蹴し、

フジテレビを引っ張る人気アナウンサーへとなってほしいと思います!

小澤陽子アナの実家もすごい??

スポンサードリンク
[ad#hoshimao]

そんな小澤陽子アナの実家もやはりすごいのでしょうか??

というのもアナウンサーは他の職業の人に比べ、実家がとてもお金持ちの方が非常に多いのです。

となると、小澤陽子アナの実家はどうなのでしょうか??

小澤陽子アナの実家のエピソードはほとんどなく、お金持ちだとは言えなそうです。

しいて言えば高校の時に1年間オーストラリアへ、大学時代には半年間シンガポールへ留学したことくらいでしょうか。

あとは就職活動でパイロット職にも受験したことくらいですかね。

………..。

………………..。

いやいや!!

実家めっちゃすごいじゃん!

高校・大学両方海外留学するとかお金持ちの実家しかできることじゃないし、

パイロットになろうなんて裕福な実家の子供しか考えないことですよ!^^;

ということで、小澤陽子アナも実家がすごいアナウンサーの仲間入りを認定いたします。

今後の小澤陽子アナの活躍が、今まで以上に楽しみになりましたね!^^

これからも色々なテレビに出演する小澤陽子アナを、心から応援していきます!






サブコンテンツ

ページのTOPへ