芳根京子の難病はギランバレーか!?高校は都立富士?彼氏は同い年か!

現在TBSの日曜日夜9時のドラマ「小さな巨人」に出演中の芳根京子さん。朝の連続テレビ小説にも主演されて今注目されている若手女優さんですが、そんな芳根京子さんが難病のギランバレー、高校は都立富士、そして交際中の彼氏は同じ年という噂がある様なんです。

今回はそんな芳根京子さんについて気になる情報をまとめましたのでゆっくりとご覧ください。

プロフィール

名前:芳根京子(よしねきょうこ)

生年月日:1997年2月28日

年齢:28歳

出身:東京都

都立高校1年生のとき、友達に誘われていった遊助のライブ会場でスカウトされて芸能界に入った。

その後都立高校から通信制の高校に転校した。

2013年にフジテレビ系ドラマ「ラストシンデレラ」で女優デビュー。「ラストシンデレラ」で主演を務めた篠原涼子が憧れの人である。

2014年、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で朝ドラデビューを果たす。主人公の親友役を熱演した。

2015年にオーディション1000人以上の参加の中からTBSドラマ「表参道高校合唱部!」でドラマ初主演を勝ち取る。

2016年度後期のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインに選ばれた。

難病はギランバレーか!?

実は芳根さん、今は完治されていますが難病指定されている「ギランバレー症候群」を発症されています。

ギランバレー症候群とは運動神経の障害が起こり、手足に力が入らなくなる病気で、進行すると歩行困難や呼吸困難、顔面麻痺が生じたりものが呑み込めなくなったりすることがある病気で国の難病に指定されている。

 

女優の釈由美子さんもこの病気を発症されてらっしゃいます。

芳根さんがギランバレー症候群になったのは中学生の時で1年間学校に通う事が出来なかった様なんです。

病気になったときは楽しい事を毎日探していたそうなんです。ギランバレー症候群は90%以上の方が回復する様ですがお亡くなりになる方もいらっしゃる様なんです。

芳根さんも完治されてよかったですよね!

高校は都立富士なの?

現在は20歳になり高校も卒業されていますが、どこの高校出身なのでしょうか?

都立富士高校という噂もある様なのですが、芳根さんは都立高校に通っている際にスカウトをされ、校則が厳しい都立高校を辞め定時制高校へ転校した様なんです。

けど通っていた都立高校は都立富士高校ではない様なんです…。ではなんで都立富士高校と噂されているのでしょうか?

調べてみたところ都立富士高校出身なのはお父様なんです!

お父様が都立富士高校を出られて立教大学を卒業されているそうなんです。現在お父様は阿佐ヶ谷でライブハウスを経営されていらっしゃるそうです。

では芳根さんご本人はどちらの高校を出身されているのでしょうか。ずっと明らかになっていなかった様なのですが

芳根さんがブログで高校の卒業を報告された際に卒業証書の写真をアップされているのですがその卒業証書の形だったりが「東海大付属展望星高校」という事が判明した様なんです。

東海大付属展望星高校はえなりかずきさん、榮倉奈々さん、大野智さん、二宮和也さん等多数の芸能人が卒業されている高校です。

彼氏は同い年!?

やはり気になるのは恋愛事情ですよね~。とても可愛い芳根さん。男性はほっとこないですよね?そんな芳根さんに彼氏の噂がある様なんです。

一番の彼氏と噂されているのが今注目の若手俳優さんの「志尊淳」さんです。志尊さんは22歳なので同じ年ではないのですが2度芳根さんと共演されており以前インタビューで「お会いしたらすごく優しい方で少女マンガから出てきたみたい、好きになった」と答えられており、芳根さんの彼氏は志尊さんではないかと噂になっているみたいです。

実際は噂程度で彼氏という確証はないのですが美男美女の注目若手俳優さん同士の熱愛!ビックニュースになりそうですよね~!

後もう一方噂になっている方は大人気俳優「福士蒼太」さん!こちらも噂でしかないのですが共演がきっかけで熱愛の噂が出ている様です。

女優さんは共演されている方と事実ではなくても噂になっていますよね。本当かはわからないですが志尊さん、福士さんどちらとの熱愛でもさわやかで美男美女の素敵なカップルですよね!

いかがでしたでしょうか?今注目の若手女優「芳根京子」さんについて気になる情報をお伝えしました。元気でさわやかな印象の芳根さん。演技力の高さでも話題ですよね。ギランバレー症候群という難病を乗り越えて現在がある芳根さん現在放送中の「小さな巨人」も高視聴率で警察版半沢直樹と話題になっていますし展開もとても気になりますよね。男性ばかりの中でたまに映る芳根さんがとってもかわいいですよね!今後の活躍がますます期待の若手女優さんのおひとりですよね。

 

 






サブコンテンツ

ページのTOPへ