熱中症は室内でも?対策は?水分と塩分補給の間隔やポイント

今年も暑い夏がやってきました。

日々、熱中症で搬送された人の数や最高気温の更新のニュース等が多く流れています。

8月8日の最高気温は多治見市でなんと39.7度だそうです。

このような日々がまだ1カ月以上続くと思うと・・・気が重くなりますね。

そして誰にでも起こりうる「熱中症」には特に注意したいところです。

熱中症は自分で対策できますので、ポイントについてまとめていきたいと思います。

熱中症は室内でも引きおこる?

熱中症対策 室内

実は、熱中症の発生の6割は室内で、とも言われています。

炎天下では意識して水分をとることが出来ても、室内だとやはり油断してしまいがちですよね。

室内でも冷房をつけていない場合、室温はどんどん上がります。

並行して湿度も上がり、一気に身体の水分をうばい熱中症にかかってしまうのです。

冷房が苦手、という人もいるかもしれませんが


<< 次のページに続きます!! >>

1 2 3


サブコンテンツ

ページのTOPへ