芦田愛菜の色気がヤバい!?成長した現在は目と鼻が違う?通っている中学はどこ?

天才子役といわれている蘆田愛菜さん。幼いながらも主演ドラマや歌手としてもヒット曲を出すなど、その名前にふさわしい活躍ぶりです。しかし、最近は露出も少なく、噂も出てきています。そんな噂を検証してみました。

プロフィール

本名:芦田 愛菜
生年月日:2004年6月23日(12歳)
出生地:兵庫県西宮市
血液型:A型
職業:子役、タレント、歌手
ジャンル:テレビドラマ、映画
活動期間:2008年 –
事務所:ジョビィキッズプロダクション

2007年(平成19年)3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)『ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをしました。
2010年(平成22年)テレビドラマ『Mother』に出演して、「第65回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞」等で新人賞を多数受賞。
2011年(平成23年)3月にテレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演。同じ年の4月にテレビドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演を務めました。同年5月に『マルモのおきて』で共演した鈴木福と犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として同ドラマの主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』でCDデビューを果たします。12月31日に開催された『第62回NHK紅白歌合戦』にそれまで大橋のぞみ(藤岡藤巻と大橋のぞみ)が持っていた9歳237日の最年少出場記録を更新する7歳193日で出場をしました。
2012年に出演した映画『うさぎドロップ』と映画『阪急電車 片道15分の奇跡』で「第54回 ブルーリボン賞 新人賞」を史上最年少で受賞。2013年(平成25年)には、映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビューします。
2014年はドラマ『明日、ママがいない』で連続ドラマ初の単独主演を果たすなど大活躍の女優さんです。

成長したら顔が変わった?

芦田愛菜さんは幼いころから活躍しており、ドラマや映画で巣の姿を見る機会が多い女優さんです。そのせいか、容姿について色々と言われてしまいます。
2016年に出演したドラマ『OUR HOUSE』にて中学1年生の役で話題にされたのが、『劣化』です。




1 2 3 4 5 6


サブコンテンツ

ページのTOPへ