真野恵里菜がハロプロ時代よりもかわいくなった!理由は痩せたから!?彼氏は?

その時の事を真野さんはTV番組に出演した際に「『君、ソロデビューするからね』っていきなり言われました」と振り返り、「当時、1期生の研究生が三十何人いて、そこからも数人しかデビューしてなくて、入っていきなり出てっちゃったから、『真野恵里菜ってだれ?』って」と当時の周囲の反応を語りました。

「本当に歌が下手で…。歌もダンスもやったことなくて事務所に入ったので、みんなからしたら『なんで?』って思ったんだろうな」とコメント。「歌が下手なあの子がなんでソロデビュー?」とやっかみを受け、人間不信になったそうです。

「つんく♂さんからも『お前、歌下手だな』って言われました」と笑いながら話し、デビュー直後は「向いてないんじゃないかなって。やめて大学行って、ほかの仕事目指した方がいいんじゃないか」と引退を考えたことあるそう。

しかし、ボイストレーナーの先生に「そこまで下手じゃないから、自信持ちなさい」と言われ、泣きそうになったと語りました。

でも、ハロプロ時代のことはブログで「もともと小学生のころから大好きだったから その気持ちは今も変わらない」

「懐かしい曲とか聴くと その時々のこと思い出すし なんか、よかったなーって思えることは 自分がハロプロに入ってからの曲は その時のリハのこととか ライブでの先輩たちとの会話とか バックステージで踊ってたなーとか ひな壇ではしゃいでたなーとか

あ、この曲は自分の曲の前で ものすごく緊張してたなーとか このソロパート歌うメンバーの ビジョンに映る表情がめっちゃ可愛かったなーとか いろいろ思い出して懐かしくなるし 自分の歩いてきた道が 曲に残されてるなーって」と、ハロプロ愛をノンストップで綴り、

「自分がハロプロにいたってことが いまだに信じられなかったり。ハロコンのDVDとかたまに見るけど なぜか、自分のとこはスキップ。なんか、恥ずかしくて見れないのよね。。笑 あーーーーー この曲はこんな時でー、とか語りたい!笑」と自分がハロプロにいたことが信じられないようで、

最後に「とりあえず言いたいのは もう人生の半分以上は ハロプロが好きってこと!!真野恵里菜の原点だから 本当に感謝してるし大切に思う!!」

ハロプロ愛を全開にして、感謝の言葉で締めました。きっと大切な場所だったのでしょう。

 

痩せてかわいくなった?

ハロプロ時代はファンから「天使」と言われて、抜群のルックスの真野さん。

しかし、一時期激太りをしていたことがあります。




1 2 3 4


サブコンテンツ

ページのTOPへ