土屋太鳳の本名は?彼氏は山崎賢人?姉と弟はどんな人?太っていた頃の画像が衝撃

人気若手女優の土屋太鳳さん。ドラマに映画に大活躍中です!日本舞踊も上手でチアリーディングもやってるなど、運動神経も抜群です!

そんな土屋太鳳さんにある噂とはなんでしょう?調べてみました。

 

プロフィール

本名:土屋 太鳳
生年月日:1995年2月3日(22歳)
出生地:東京都
身長:155 cm
血液型:O型
職業:女優
ジャンル:映画、テレビドラマ
活動期間:2005年 –
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少でした。2008年に公開された『トウキョウソナタ』で映画デビューをしましたが、その撮影現場で共演者の香川照之さん、津田寛治さんと交流したことで女優への決意を固めたそうです。
2008年、ジュニアファッション誌『Hana*chu→』(主婦の友社)のニューフェイスオーディションを経て専属モデルとなり、約500名の候補者の中から劇場版『釣りキチ三平』のゆりっぺ役に抜擢され、主人公・三平の幼馴染を演じました。
2010年、芸能活動が許される高校に入学。在学中は創作ダンス部に所属し、仕事の合間をぬって全国大会にも出場。NHK大河ドラマ『龍馬伝』でテレビドラマ初出演、主人公・坂本龍馬の姉・坂本乙女の少女期を演じました。2011年、『鈴木先生』(テレビ東京)で連続ドラマ初レギュラー出演。キーパーソンとなる女子生徒・小川蘇美役を演じ、注目を浴びる。2012年10月に現在の所属事務所であるソニー・ミュージックアーティスツへ移籍。
2013年、浜松市天竜区水窪町を中心とした地域振興プロジェクト、映画『果てぬ村のミナ』の松下神菜役にて、初の主演を務めた。
2013年3月、高校を卒業。4月に日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻に入学[するも、多忙のため出席日数が足りず、4年間で卒業は叶いませんでした。
2014年、NHK連続テレビ小説『花子とアン』出演期間中に、2015年上半期放送の『まれ』のオーディションに参加し、2020人の応募者の中からヒロインに選ばれて、全国区の人気者に!




1 2 3 4


サブコンテンツ

ページのTOPへ