KABA.ちゃんの顔が整形手術で大変化?昔と現在の写真で比較!

体の大工事ばかりか、顔面の大工事を決行し、見るたびに顔が変わっているというオネエタレントのKABA.ちゃん

顔のあちこちをイジりまくり、本気で女性になろうとしている姿には目を見張るばかりですが、並々ならぬ努力やお金をかけているみたいですね。

今回はそんなKABA.ちゃんの整形と、昔と現在の顔の変化について、徹底的に検証していきたいと思います♪

 

プロフィール

 

001_size6_Fotor

 

 名前  KABA.ちゃん(かばちゃん)

 本名  椛島永次(かばしま えいじ)

生年月日 1969年6月19日

 年齢  46歳

 出身地 福岡県

 血液型 A型

 

高校中退後に単身アメリカ・ニューヨークに渡り、ダンスの修行をしたというKABA.ちゃん

1996年には小室哲哉さんがプロデュ―スしたダンスユニットdosのメンバーとして『ASAYAN』でデビューを果たします。

 

182fabff0f3b997ee7484c1d604c7efb_Fotor

 

2002年にはゲイであることをカミングアウトし、以降はオネエタレント振付師として大活躍をし、バラエティ番組などでも人気を博していきます。

ちなみにSMAPの『世界に一つだけの花』はKABA.ちゃんの振付としても有名なのだそうですよ~。

 

0d26cd67_Fotor

 

去勢をし、2016年3月末にはタイで性別適合手術を受けることを公表していますね!!

戸籍変更を行う意思も発表していますし、身も心も本当の女性になりつつあるKABA.ちゃんですが、体や心だけではなく、顔も相当な整形手術を受けている模様(笑)

 

Techinsight_20150817_126665_1_Fotor

 

そんなKABA.ちゃんの顔の変化について調べてみたいと思います♪

 

顔が整形で大変化?

 

元々、顔が長くどちらかというと『馬顔』だったKABA.ちゃん

KABA.(河馬:かば)ちゃんだけに馬顔ってか??www

 

mig1-1_Fotor

 

ちなみに、dosで世間に出てきた時は、オネエをバレないようにしていたそうですし、完璧な『男性ダンサー』といった感じですね!!!

カミングアウト後は、心もずいぶん軽くなったのでしょうか、『』を追求して美しくなるために、どんどん顔や体のケアに努めたようですね!!

 

しかも、お尻の脱毛中に出力を上げすぎてしまい、火傷したというエピソードもあるんだって(笑)

体は男性なので、毛根も太いだろうし、一気に脱毛しようと無茶しちゃったのかもね(笑)

意外にもお茶目で可愛いところがあるんですね〜♪(笑)

 

481aad48f9a150f8279e3e310effb6e0_497-1024x576_Fotor

 

顔に関しては、今までの整形を告白しているようで

・一般男性より顔が5ミリ長いことを美容整形医に指摘され、顎を5ミリ削った

・金運上昇のために『福耳』にする手術を受けるも、左右同じ大きさには出来ず。

鼻にプロテーゼを入れる

・頬骨やあごを女性らしく削って小顔形成

二重瞼の形成

眼瞼下垂手術と二重瞼の修正手術

・肌にハリを出すために金の糸の埋没手術

などなど、美の追求に徹底的ですね!!

これだけの整形を告白しちゃったらKABA.ちゃんの顔と同じように綺麗なタレントさんや女優さんの整形疑惑がたくさん浮上してきそうですね(笑)

 

20150611_kabachan_07_Fotor

 

この中で、最も高価な手術はあごを削っての小顔形成だったそうで、あごの真ん中の骨を『だるま落し』のように削って、上下をくっつける手術だったようですね!

聞いただけでも、めちゃくちゃ痛そうだけど、確かに顔も小さくなって女性らしい顔つきになっちゃいましたね♪

 

はるな愛さんみたいな可愛らしい女の子っぽくは無いが、美人系女子になりそうですね!!

それに、いよいよ性別適合手術を2016年3月30日に受けるということも決まり、本当の女性になる日がどんどん近づいていますね!!

 

default_c3f37e65127a42df002552c546180bc3_Fotor

 

余計なお世話ではありますが、そんなKABAちゃんの顔の遍歴を振り返ってみたいと思います♪

 

 

昔と現在の顔を比較!

 

デビュー直後のKABA.ちゃんは完ぺきに男性でしたが、様々な遍歴を遂げて、今や立派な『ほぼ女性』状態に仕上がっています♪

 

mig2_Fotor

 

そんな彼女(?)の顔を昔と今の画像を使って比較していきたいと思います!!

昔は「優男風」ではあるものの、完ぺきに男性だったKABA.ちゃん。

 

1654_Fotor

 

なんとなく、某トップアイドルグループの『相葉 ◯紀』さんに似ているのでイケメンなのは間違いないですよね〜!!

 

BcLhxKKCMAEmYVk_Fotor

 

こんなこと言ったらファンから苦情がきそうなので、一応否定しときますか!!!www

 

そして、カミングアウト後は、女性らしい『しぐさ』のみで、目立った表面上の変化はまだ見えませんでした。

しかし、整形を進むにつれて…

 

mig-1_Fotor

 

カツラなどを被って、バリバリのオネエキャラに変貌を遂げちゃいましたね!!

 

kabachan2-201x300_Fotor

 

この当時のKABA.ちゃんは、『ロンドンハーツ』などにも頻繁に出演していたので、誰しも見覚えがありますよね〜!!

逆に昔のKABA.ちゃんがレアでしょうね(笑)

そして、小顔手術などを受けて本格的に女性化したKABA.ちゃん…。

 

20150502_2_Fotor

 

完ぺきに美魔女化していますが、なんとなく高畑◯子さんにも似てる(笑)

 

4d75c3c524d658ec5e00342b2b8651961_Fotor

 

年齢はかなり上ですが、美人女優に似てきたとしたら、整形も大成功といえるのではないでしょうか?

2016年には完ぺきに体も女性になるということで、記念すべき年になりそうですが、顔の整形にはまだ満足していないようなので、これからも手術を繰り返していきそうな気もしますね〜!!

 

G20151204011626670_view_Fotor

 

性別適合手術で顔だけでなく声も変化!

性別適合手術をすることで、顔や肌質などに変化が現れますが、どうやら声も変化したようです。

以前も高めでオネエ特有の声でしたが、性別適合手術前は周波数帯域は男性の声だったようです。そして、現在の声は女性の周波数帯に変化しており、しかも女性の中でも声が高い人と同じくらいだそうです!

なぜここまで高くなったの!?と思ったら、性別適合手術だけでなく、喉仏もイジったようです…。徹底的すぎる!!

ここまで来たら、どこまでヤルのか!?ということにも興味が沸きますが、今後も進化し続けるKABA.ちゃんに注目していきたいと思いま~す♪

dosのカバちゃん意外はどうなったの?

dosというと、1996年にデビューしましたよね。

資生堂のCMにも出たことで、話題になりました。

しかし3人そろっての活躍はあまり多くなく、次第にソロでの活動のほうがメインになっていきました。

特に解散するということはありませんでしたが、自然消滅という形で姿を消すことになりました。

ではそれぞれのメンバーが今どこで何をしているのか、見ていきましょう。

西野妙子

1989年にフジテレビ系ドラマ『教師びんびん物語II』生徒役を演じていましたね。

その後はしばらく日の目をみなくなりますが1996年にテレビ東京系バラエティ番組『ASAYAN』内の小室哲哉主宰のオーディションに応募し、受かってdosのメンバーとして活動を始めることになります。

ただしそのメンバーとの活動も多くなく、今度は女優として活動するようになります。

しかし2007年以降は姿を見せていません。

吉田麻美

2001年5月、小室哲哉と結婚しました。子供もさずかったようですね。

しかし一年もたたないうちに離婚。

子どもの養育費などを負担することで離婚に至った二人ですが、途中から小室の方が支払いを滞るようになり、裁判沙汰になっています。

その後はソロシンガーとして活躍するなどし、2013年にはダンスレディースユニット「BLUE MOON BOO」を結成、2014年には「BMB♥!!」でデビューしています。

以上、カバちゃん以外のメンバーの現在を紹介しました。

3人とも、そこまで大きな活動はありませんね…。

テレビで見る回数も、昔に比べると格段に減ったように思います。

しかしテレビには姿を見せなくても、それぞれの道で頑張ってほしいですね。

大学院生との初体験?

去年の年末に大学院生と初体験を済ませたというのを、今年の2月の「ダウンタウンDX」にて告白したカバちゃん。

なかなか濃い内容で、いろんな意見が飛び交いました。

合コンで知り合った大学院生と

合コンである大学院生と出会い、初体験に及んだそうです。

その相手はカバちゃんのことを知らないくらい勉強熱心だったらしく…

詳しい過程は話さなかったものの、一夜を過ごすことになったみたいです。

「正直言うと、いろいろな体位をさせられて‥‥」

…想像したくないですね!

いや、念願の女性に慣れたことは喜ばしいことなのだろうと思いますが、少し想像難くないこと無いです。

また、ケンドーコバヤシさんに対しては以前、初めてをもらってほしいと懇願していたこともあったそうです。

赤裸々な発言でバラエティ番組としては盛り上がりましたが、視聴者としてはなかなか厳しい光景を想像させられ、需要がないという声が相次ぎました。

AV業界にも興味ある?

以前、AV業界からオファーが来たこともあるというカバちゃん。

その時も断りはしたものの、興味はあるとのことでした。

ただ、いくら本人に興味があっても需要がなければ意味がありません…。

自分のキャラを押し出すときには、もう少しその方法を工夫する必要がありそうですね。






サブコンテンツ

ページのTOPへ